マーケティングオートメーションの役割

マーケティングオートメーションは最近になり徐々に活用されるようになってきています。
アメリカでマーケティングオートメーションが開発されてそのマーケティング分析能力はその裾野を広げ今やファッション業界だけでなく、医療・金融など様々な業界でその役割を発揮していると言われています。

現在日本では多くの業種がマーケティングを重視し、商業関連では非常にマーケティングを重視した経営戦略が行われてきました。
しかし、最近になり従来のマーケティングシステムに限界が出てきている事が叫ばれてきました。
従来型の消費者の行動様式が変化し、直接商品を見て購入に移る割合がかなり減少し、現在のPOSシステムだけでは消費者の潜在的な要求を把握する事が不可能になってきました。
また、最近では特に店頭で商品を確認し、インターネットで商品を購入する流れが増加した事からインターネットでの情報を把握する事が急務になっています。
このようにネット情報を正確に把握し、リード管理を徹底する事は今後のリードの行動様式を把握する上で非常に重要な意味を持っています。

マーケティングオートメーションの持つネット上を含む情報抽出用フレームから情報の管理・運用までの一連のシステムは今後のマーケティング管理に於いて非常に重要な役割を担っていきます。
このページではマーケティングオートメーション技術が誕生した理由からこのシステムが持つ役割と今後の展開について説明したいと思います。



<特別リンク>
消費者の行動を分析するマーケティングオートメーションを導入できるサイトです →→ マーケティングオートメーション 導入